仙州ラフダヤ-ベルブルク共和国

トラン・ラフダヤ、仙州ラフダヤ、公式には仙州ラフダヤ-ベルブルク共和国は、日本某所のワコク独立地域にある事実上の独立国家。仙州、ラフダヤ、ヤリーロ地方、ベルブルク市にあり、ラフィニアとワコクの陸上国境とに挟まれた南北の地域に位置する。首都はベロブルグ(ベルブルクともいう)。ワコク連邦帝国の支援を受けているものの、国際的にはほとんど承認されていない。

国旗

黒、赤の順に、等幅に垂直方向に配置される。緑色の2つの星々には仙州、ヤリーロ、ベルブルク市と7つの豊玉民族の結束と統一を表する。

国章

雪原の青き狼と仙州ラフダヤの独立地域の団結。

仙州ラフダヤ-ベルブルク共和国の情報

国名 仙州ラフダヤ-ベルブルク共和国
別名 仙州ラフダヤ、トラン・ラフダヤ、仙州同盟政府

共和国の政府

【共和国の長】共和国の皇帝
今上大君(予定)
【国家元首】共和国大統領
かなで内親王

【首相】ジェパード戌衛官(暫定)
共和国軍司令官(戌衛官) ジェパード
大統領顧問 グネビア・クラーラ
外務代表顧問 安人親王
財政内務長官 ケイゲン雲喜軍少佐

(政体)共和制、半大統領制、象徴君主制

人口 42人
公用語 日本語、グバル古語、ワコク語
国内宗教 太陽教、キリスト教、一向仏教、イシュガルド正教
タイムゾーン 日本時間
通貨 ドラグマシェケル、ガリオン

民族 豊玉民族、ヤリーロ人、仙州人